スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
光の方へ。
恵里、寂しい思い、不自由な思いばかりさせてごめんなさい。
丈夫に、健康に産んであげられなくて本当にごめんなさい。
恵里、お母さんは恵里のお母さんなのに一緒に逝ってあげることができません。ごめんなさい。
お母さんは、お姉ちゃんと妹の成長を出来る限り見守り、出来るならお父さんを見送ってからでないと恵里のところには行かれません。


だけど恵里、恵里の側に行ける日が来たら、真っ先に恵里を抱きしめ、ずっと一緒にいるからね。


恵里、向こうで友達をいっぱい作りなさい。
いっぱい遊んで、ケンカして、仲直りをしなさい。
いっぱい食べて、いっぱい走りなさい。
今までできなかったことをたくさんしなさい。
たくさん泣いて、怒って、喜んで、それ以上に笑いなさい。
恵里、ありがとう。よく頑張ったね。偉かったよ。



たくさんの事を教えてくれてありがとう。



会いに来てくれてありがとう。



5年もの間、一緒にいてくれてありがとう。



恵里のお母さんにしてくれてありがとう。



恵里の存在そのものがお母さんの喜びでした。



迷わずに、真っ直ぐに光の方へ行くんだよ。

スポンサーサイト
【2012/07/29 15:30 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
<<あの日のこと。2 | ホーム | あの日のこと。1>>
コメント
----
まったく同じ思いでした(号泣)

あっ…ほのち、ママはパパより先に抱きしめに行くよ
ママはヘタレだから、パパと娘たちに見送ってもらって、後方にも前方にも愛しい人に見守られて意気揚々と会いに行くよ

かよぞうさん、きっとどんな結果であっても、後悔は消えないし、お互いにこれからもずっと癒されることはないんだと思います
納得することも難しいかなぁと思ってます

それでいいんですよね
でもきっとそれは哀しいことだけなんかじゃなくて…
きっとそれが親なのかなぁ
愛っす それも底なしの エヘヘ

えりたんが あの時病院に行かないことを選んだんですね
どうしても家にいたかったんですね
それが分かってるから辛いんですよね…お互い大好きすぎるから、いたわりすぎるから辛いんですよね…
by:ともち | URL | #-【2012/07/29 22:08】 [ 編集] | page top↑
----
なんか前回のコメントをとても後悔していて
…何度も何度も読み返して後悔して
伝えたいことはあるのに 今のかよぞうさんの想いに寄り添いたいのに うまく言葉にならなくて
えりたんとご家族のお互いを思うキモチが痛いほど伝わってきて

こんなこと書けばまた語弊があるかもだけど 人と関わった深さは時間じゃないというけど…
でもやはり5年間という時間の中には 一緒にいた時間だけじゃなくて そばにいられない娘を案じて涙した時間も もちろん家族全員で過ごす何気ない優しい時間も そしてかけがえのない数々の思い出もあり
やっぱり年月の分だけ抱えてる宝物が多い気がするんです
きっと娘への感謝や哀惜のキモチもその分大きい気がするんです

私の倍近くも宝物を抱えているかよぞうさんのいつまでも消えない喪失感が 少しでも優しい思い出たちのかげになるよう心から祈ってます
えりたんは今日も光の向こうから 母さんやみんなを 何もかも悟ったようなあの目で見守ってますね 遊びに勤しむ合間に
by:ともち | URL | #-【2012/08/03 09:01】 [ 編集] | page top↑
--ともち♪--
どうもありがとう。
えりたんは、みんなの温かい気持ちに背中を押されて天国へと旅立ったんだな、と改めて思います。

すべてお見通しのようなえりたんの聡明な目で何を想い何を考えてすごしてきたのか。えりたんにとっての5年1ヶ月が本当に精一杯だったのか。

注入や服薬の時間になるたびに心がきしむ日々です。でも同じ切ない時を過ごした温かい人がいる、とても心強く思います。

私のそんな後悔や未練を尻目に、遊びにいそしんで欲しい。

そうだといいな・・。
by:かよぞう | URL | #-【2012/08/06 01:11】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。