スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
あの日のこと。2
・・・書けなかった。
打ち込んでは消し、打ち込んでは消し。
7月6日13時半以降のことが。
続きがまったく書けなかった。
記憶が抜け落ちないように。
不確かにならないように。
自戒を込めて。残したかったのだけど。


まだ早すぎたみたい。


結局、あっという間に恵里は旅立った。
家で
いつもの部屋で
いつもの布団の上で
この世で最後の空気を深く吸い込み
長く吐き出し。


「目指せ、家族で看取り」


果たせなかった。いつも口にしていた願い。

救急車が到着したときにはすでに呼吸がなく、気休めのように泣きながら胸骨圧迫をするくらいしかできなかった。

迷っていた。
延命目的で挿管してもらおうかどうか。
どんなかたちでも
意識が戻らなくても
側にいて欲しい

でも救急車の中で心臓マッサージを受けてるうちに、呼吸もなく意識もなく吐き戻す恵里を見て、だいぶ痩せて細くなってしまった白い腕を見たら。


もうゆっくり休んで欲しい。
これ以上、頑張れなんて言えない。

と思った。


間違っていたかもしれない。
可能性の有無ではなく、挿管するべきという意見もあるのは充分わかってる。
えりたんがそのとき何を望んでいたのか。
残念だけど、悔しいけどあたしにはわからない。



「生きたい!!どんなカタチでも!!」
「私はもう充分頑張った。もう休ませて欲しい」



・・・どっち?それともこたえはもっと違うところにあるんだろうか。



えりたんは、3歳~4歳の頃が一番調子が良かった。
ゆっくりでマイペースな彼女なりに一番輝いていた。
一緒にどこでも出かけた。

5歳を間近に控えて体力的に厳しくなってしまったえりたん。
それでもいなくなるなんてことは考えてなかった。
ゆっくり体重を増やして、ゆっくり元気になると信じていた。



でも・・・4月から5月にかけて。
深く考えたわけでもなく、通園の継続申請を断わった。
いくらでも機会はあったのに、ETC障害者割引の更新手続をしなかった。
いつもは早めに済ませる、オムツの費用負担のための2ヵ月ごとの見積もりを取らなかった。
粉ミルクの安売りのチラシを見て、まだ少し余裕はあるけど買っておこうと思いつつも結局買いに行かなかった。



あたしは何か思うことがあったんだろうか。
それとも気付いてなかっただけで、どこかで諦めてしまっていたんだろうか。
だとしたら・・・とんでもない母親だ。



遺影になってしまった4歳のえりたんが、微笑んでいる。
救急車のサイレンが近くで聞こえるたびに激しくなる動悸。
病院に近づくと痛くなる心臓。



毎日なるべく普通に過ごしてはいるけれど。
今も息苦しいほど会いたい。
あの聡い目が恋しい。
スポンサーサイト
【2012/08/06 10:03 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<夏の終わり。 | ホーム | 光の方へ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。