スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
覚書。
2月17日。
雪がうっすら積もる中、14日夕方から出張で横浜に行っていたダンナさんを迎えに駅に。
パパの乗った特急は19時21分着。久々にパパに会えるみんみんは朝から「何時にお迎え行く?」の連発。
あたしも大きなお腹をさすりながらかなり安堵した気持ちだった。


ややお疲れモードのダンナさんとはしゃぐみんみん。夕飯はお弁当でいいよねー、と甘えて「すき家」で牛丼購入。
なんか肉が食べたかったのだ(笑)

帰宅後、3人でご飯。えりたんは15日からショートステイ。明日はえりたんに会いに行こう、とみんみんとお約束。食後、なんか息苦しくダルい。みんな疲れてるし早く寝よう・・とみんなで布団に入ったのは11時。

コトンっと眠りに落ちて・・なんとなく目が覚めて。よいしょっと寝返りをうった時。


プツっとした感触を感じたとたん、あったかいものが出た。


「・・・破水?」

あわててトイレに行くと、またチョロチョロっと。

「・・・破水だな。」

時計をみると0時ちょうど。
2月18日。

「ごめん、破水した。病院に行くからお願い」
ダンナさんに声を掛けると、いつも寝起きのあまり良くないダンナさん、「ガバ」っと漫画のような音がする勢いで起きてくれた。
・・・おお、頼もしい。

病院に電話。
「39週1日に入ったんですが、破水したみたいです。どうすればいいですか?」
と助産師さんに聞く。
「破水ですね、痛みはありますか?」
「今は痛くないです」
「そうですか。えーっと・・初産ですか~?」
「いえ、3人目です」
「・・・すぐ来てください。気をつけて」


・・・ですよねー。

眠くて泣き出してしまったみんみんに、なんとか靴下をはかせて上着を着せる。なんかお腹が痛くなってきました。着替えさせてる余裕はないです。さっくり着替え終わってるダンナさんに入院バッグを持ってもらって、みんみんの手を引いて車に乗り込み出発。病院まで普段なら15分。深夜なので道はすいてるけど雪がうっすらと残り、凍っているのでゆっくり向かう。この時点で5分間隔で結構な痛みが来ていた。

夜間入り口を開けてもらって、病棟へ。診察室に入った時点で0時半だった。
助産師さんに診察してもらうと、
「5cm開いてるね。このまま着替えて分娩室に行こう、3人目だし。」

着替えて、とりあえず入院する部屋に入り、トイレへ。ここで破水が血性に変わる。
5分おきの痛みを逃しながら入院書類を渡したり、みんみんに声を掛けたり。1回陣痛を逃がしてから分娩室へ向かう。広い分娩室をカーテンで2つに区切ってある。手前の部屋にはすでにお産を終えて、安静を保っているご夫婦と赤ちゃんがいるようだった。


「騒いだら恥ずかしいな・・。」

ダンナさんにお水と、ペットボトルストローを持ってきてもらう。
今回はダンナさんとみんみんに立ち会ってもらうつもりでいた。でもみんみんは起こされて泣いた後。しかもかなり緊張しているようだ。ちょっとインパクトが強すぎるかな。結局ダンナさんと一緒にしばらく部屋で待っててもらうことに。生まれる頃に来てもらうようにお願いする。

そんな会話をしつつも陣痛は3分おきに。助産師さんに
「普通にお話ししてるけど・・7cm・・スルスル開くね~、ちょっと急いで用意しますね~」

足にカバーを掛けられて、グリップの位置とか勝手に調整。その間も上の子2人のときは・・と助産師さんと会話。



「3人目だと落ち着いてるね・・」


いやいや、もう結構な痛さですよ?
現実逃避のためにしゃべってるだけで・・。

「ちなみに目標何時?」

と聞いたら。

「2時には生まれるかな」


この時点で1時を少し回ったところでした。
スポンサーサイト
【2012/03/02 15:31 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<覚書2。 | ホーム | えりたんは本当にお姉ちゃんになったのです。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。