スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
いつのまにか・・・
いつのまにか夏が終わっていました・・・。
どうなんでしょう、この怠慢さ加減は・・・。


しかし今年の夏はおかしな夏でした。
梅雨は早々に明けたはずなのにいつまでたってもジメジメメソメソと雨ばかり。
やっと夏らしい天気も見られるようになったかと思ったら、豪雨に台風、地震。
地球はかなりお怒りのようです・・・。


被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます。




・・・が、しかし!危うく当事者に!!


つい2週間ほど前の土曜日。
かよぞうは毎週恒例、子供たちを連れて自宅から20分ほど離れた隣の市の実家に行っていました。体の不自由な実父のお手伝いをするために。
夕食の用意をしてえりたんの注入も終わり、みんみんと父に夕飯を食べさせている時。
雷と共にすごい勢いで雨が降り出したのです。夕立を思わせる大粒の雨がバシャバシャと。
もう夜7時になろうとしてるところだけど、えりたんとみんみんのことを考えると今帰るのは得策ではないな、と洗い物をしたりえりたんを転がしたりして様子を見ていたら、20分程で雨がかなり小降りになりました。
今がチャンス!とばかりにそそくさと実家を出て、自宅までの道のり半分まできたところで急に雨足が強まり、車の中でカメラのフラッシュをたいてるかのように。みんみんはどこかに落ちたであろう大きな雷鳴に少し興奮気味。


・・・まずいな。


雨と雷は落ち着くどころかますます激しくなり、自宅に近付くにつれて道が川のようになっていく。
自宅に入る道を曲がると、目の前の排水溝が噴水状態。



・・・マジヤバイっす。



自宅はアパートの2階なので、階段ギリギリに車をつけて、まずは荷物をもって鍵を開けに。
すでに軽くシャワー上がりみたいに。


次に「自分で歩く!」と起きながら寝言をほざくみんみんを抱えて部屋に。
ここで充分風呂上り状態。


玄関にバスタオルを敷いて、タオルを3本用意してから再度車に戻り、えりたんをバスタオルで包み込んで部屋に駆け込む。
ここで滝修行完了。


体を拭いたり、一通り済ませてから駐車スペースに車を移動しに行ったら、既に水位は膝。ブーツタイプの長靴を履いて行ったら、長靴の中に水が目いっぱい入って重くて歩けない。


さっきのサンダルのが全然良かった・・・。


なんとか車を停めて、部屋まで水満タンの長靴を引きずるように戻り、修行後のシャワーをみんみんと浴びて、相変わらず降り続く雨の音と雷鳴を聞いていたら、隣の部屋の奥さんが、


「車、このままだと危ないから移動しましょう!」

と言いに来てくれた。通路に出ると、もう駐車場も田んぼも茶色い水に覆われてどこに何があるんだかわかんなくなってる・・。みんみんを見ててもらって、今度はサンダルを履いて車に向かうと、水位は膝を超えてた。ドアを開けるとあと数cmで車の中に水が流れ込みそうな位。少し高台に車を移して戻ってくるときはやっぱり少し怖かった。フラッシュのような稲光に鮮明になる一面茶色の光景。


結局雨は3時間ほど降り続き、川が溢れ、田んぼの水を押し流し、全部アパートに押し寄せた。隣の地区では避難勧告が出た。うちは2階だったけど、1階はもう少しで床上浸水だった。


避難勧告が出たときに考えた。
ダンナさんは大雨と道の通行止めで会社からいつ帰ってこられるかわからない、もしくは帰ってこられない。(実際帰ってこられたのは11時過ぎだった)
最低限の荷物とみんみんを連れて、えりたんを抱っこして酸素ボンベを背負って予備酸素を持ち、モニターを抱えて最低限の量でも薬とオムツとミルク。
確かに市や訪問看護ステーションに「災害時は手助けお願いします登録」はしてあるけれど、すぐに助けてもらえるわけじゃない。1人暮らしの高齢者や障害者もたくさんいるし、今回は訪問看護ステーションも被害にあったので、「大丈夫ですか?」と電話をもらったのは2日後だった。アパートの人たちとはみんな仲良しで助け合えるけど、どのお宅も小さな子供をかかえてる。



確かに今回は一番被害が大きかった地区ではないし、2階ということもあって気持ちに余裕もあった。



でもやっぱりちゃんと考えて、調べて、知っておく必要があると思った。



台風、地震、豪雨・・・被害にあった地域にお住まいの方、
再度、お見舞い申し上げます。



・・・しかし・・・なんで子供っちゅーのはあーゆー時にMAXにはしゃぐかねーーー。



   「ボクも行きたい!」
   「ねー、下に降りてみたいー」
   「あたしもお水入りたいー」


そして最初から最後まで一貫していびきをかいて寝続けたえりたん。


・・・すばらしい。








スポンサーサイト
【2009/08/17 12:19 】 | 未分類 | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
<<・・・寒い | ホーム | ありがとう♪>>
コメント
----
ご無沙汰してます。
かよぞうさん お元気そうですね~
というか 大変でしたね。

それにしてもアパートの2階でよかった。
何事もなくてよかったわあ。
我が家は1階なので何かあったらやばいですね。。。

えりたんはやっぱりすごいっす♪
by:ほとゆママ | URL | #-【2009/08/18 13:46】 [ 編集] | page top↑
--あぶなかったですね。--
かよぞうさん、更新ないから具合悪いのかと心配していました。元気でよかった。
で、大変でしたね。
車内に水も大変だけど、エンジンに水が入らなくてよかったですね。最悪そのまま立ち往生で、子供のところに戻れなくなったらと思うと、怖いです・・。

うちのほうでは通園施設が非常時に避難場所になってくれて、普段から予備薬とかを置かせてくれているんだよ。えりたんにもそういう場所があるといいよね。
by:T2-mama | URL | #2eH89A.o【2009/08/19 21:36】 [ 編集] | page top↑
--ほとゆママ♪--
わあ、ほとゆママ♪お久です!
少しは元気でましたか?無理せずにゆっくりと、ですよ!
ホント、今回は驚きました、焦りました。
もうみんな大騒ぎだったのに・・えりたん・・あんたすごいよ!と思いました♪




--T2-mama♪--
ご無沙汰してます~。ほんとずっと放置しちゃいましたいかんですな・・心配してくれてありがとう!元気です♪
そうなの、同じアパートの青年は結局エンジンにお水入って、動かず未だに放置・・近所でも暗闇でクラクションが鳴りっぱなしになっちゃった車が数台・・ホント、何もかも不気味で怖かったです・・。
そっか~、通園施設で対応してくれるんだ、それは心強いね!えりたんのこともちゃんと調べておかないとって実感したよー・・。

by:かよぞう | URL | #-【2009/08/20 23:56】 [ 編集] | page top↑
----
待ってましたv-10かよぞう節v-266
ってヤバイっすよ!!
高台に逃げないと!!って、かよさんのとこ高台もやや危険でした…数年前土砂崩れありましたもんね隣町で
でもかよさんのパワフルさに感服ですv-238
やっぱ好きですv-10 
予想通りのみんみんとえりたんの反応もv-14
ご無事で何よりです 何かあったら真剣に北信の我が家に避難してきてください

ちなみに先日から地震が2回ほど発生してドキドキしましたが、1回目はぎっくり腰で救急外来、2回目はぎっくり腰でレスパイト入院中…どちらもちょうど病院で安心したともちでしたv-14
災害対策を真剣に再考しました…反省
by:ともち | URL | #-【2009/08/22 18:10】 [ 編集] | page top↑
--ともち♪--
告白ありがとーーー!!いつでも抱きしめます。
・・うふふ、鳥肌立ったかしら(ニヤリ)
いんやー、参りました。数年前の時は大して被害無かったんだけどねー、今回はピンポイント攻撃でした。ありがと、避難先確保できて良かったわ♪
地震も先日のは結構揺れてビビリました。かよぞう、なぜか水槽を押さえてました。対策してある水槽じゃなくてもっと他にあるだろう!とダンナから突込みが入りました・・。
・・・病院、確かに安全かも。医療者満載で不安も少ないだろうし・・・。
by:かよぞう | URL | #-【2009/08/22 20:34】 [ 編集] | page top↑
----
久しぶり~。
色々と心配かけたけど、元気になりました!
ゲリラ豪雨、怖いね~。
大雨の時は長靴を履いちゃあかんって勉強になりました(笑)
かよぞうさん一家が元気そうで良かった。
by:しゅーたんママ | URL | #-【2009/09/08 13:38】 [ 編集] | page top↑
--しゅーたんママ♪--
おっかえりーー!待ってたよん♪
元気になってよかったです!
またボチボチとまったりとよろしくね♪
そーよー、あたしも初めて学んだわ。長靴を過信するべからず!
by:かよぞう | URL | #-【2009/10/05 14:39】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。