スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
あったかいんだか寒いんだか・・・
桜

4月も半ば過ぎ・・・やっと桜が見ごろになったかと思いきや。
先日は桜景色と雪景色が合体しておりました。
えりたんも3歳のお誕生日まで1ヶ月を切り。春ですね。



・・・寒いけど。ヒーターつけてるけど・・・。



・・・忘れてました。
・・・すっかり忘れてました。
冬の間に新型インフルエンザの予防接種も終わり、母子手帳に頂いた書類挟んだついでにパラパラ見返してたんですが・・・


・・・この人、ポリオやってない。すっかりやった気になっていた。


ってなわけで慌てて訪問看護の山田さんに電話すると、ちょうど今月の集団ポリオはえりたんの主治医が当番という事で、えりたんの分を病院に持ち帰ってくれることになりました。保健師さんから問診票や依頼書が送られて来て、署名して返送し、あとは母子手帳を持って病院へGO。


いつもはぐっすり寝てるえりたんも、病院へ行く日は必ず起きています。
なんでだろ。

機嫌も良く診察を受けるけど、いつも先生と闘うのが喉を診てもらうとき。
えりたん、口の中に異物・・歯ブラシ、おしゃぶり、スプーンなど指以外のものが入るとすごーい拒否反応。喉を診てもらうための銀色のヘラ?みたいなのがイヤでイヤでしょうがないのです。

これはもう慣らす事をしなかったあたしのせいなんですが。
産まれてすぐに呼吸器が入って、先生からも「お口からミルクを飲むのは一生できない」と言われ。
確かに当時は嚥下もろくにできず、咽頭や気管の軟化症もあったし。何より見ていてとても口からミルクを飲めるようになるとは思えなかった。「離乳食を口から食べる事のできる18っ子もいる」という事実を知らなかったし。
NICUにいる頃は、「1歳生存率10%・・そこにこの子は入れるのだろうか」しか頭になかった。生きていてくれれば口からミルクが飲めなくても構わない。そんな事はたいした事じゃない、と。



以上、長い言い訳でした( ̄◇ ̄;)
いかんな、少しずつでもいいから慣らしていかないと。
まずはスプーンとか歯ブラシだよな。



そんなわけで、口に物が入ることにすごい抵抗のあるえりたん。
以前2回ほど、ほんのすこーし果汁、ケーキの生クリームを口に入れたら即効嘔吐。



ところで、ポリオは生ワクチンなわけですが、腸で免疫を作るんだそうです。なので注入で免疫を作る事はできるので問題ないんだそうですが、喉でも免疫を作るんだそうです。なのでちゃんと免疫をつけるにはやっぱり少し口からゴックンさせたほうがいい、と。



うーん・・どうかなあ、吐くかなあ・・。


結局、大部分を注入し、ほんの少しを口に入れてみることにしました。
結果・・・



「ぶぶぶぶぶぶうう~」


と大量のヨダレと共に吐き出しました(≧∇≦)ノ彡☆



先生と顔を見合わせて頷きあって終わりました。


マーゲンチューブのコネクター部分が汚染されるので、とのことでその場でマーゲンチューブを抜いてすっきりした顔で帰宅したのでした。
ちなみに、お付きでやってきたみんみんはひたすら「売店まだ?」を繰り返し、かよぞうに「やかましいっ」と怒られ、看護師さんに「まだだよっ」と突っ込まれ。帰りにやっと\31のチョコレートにありつけたのでした。
次回は、川崎病の治療で半年予防接種ができなくてやっと年明けから解禁になり、インフルエンザの予防接種を優先した為にのびのびになっていたキミの水疱瘡の予防接種だ。覚悟したまえ。


(・∀・)



・・・ちなみに、かよぞうの髪の毛は相変わらず背中の真ん中で風になびいております。
スポンサーサイト
【2010/04/23 09:52 】 | 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。