スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
先月、病院にて。
流産と診断された日、翌日の午後入院、翌々日午前中手術という事になりました。
まずはえりたんの預かりの手配。
産婦人科の斜め前の訪問看護ステーションに行って事情を説明。
すぐに主治医に連絡してくれて夕方まででいいから連れておいで!とショートステイの許可を貰いました。
その後、溜め息をつきながら採血検査を受けに検査室に向かい、検査票を出してしみじみと待っていると、10分位で呼ばれました。
やっぱり溜め息をつきながら入室すると…


「採血させていただきます、研修医の○○です!」


…なんて今の気分にそぐわないハキハキとした息子さんでしょう!


ってかあたし血管出にくくていつも縛り上げられたり真っ赤になるほど叩かれたり温められたりするんですけど!不安なんですけど!おまけに今すっごい弱ってるんですけど!


いや、でもどんな名医だって最初は学生、研修医。お役に立てるならば、と思い直しました。
椅子に座り、両方の腕を出して取りやすい方でと伝えると右腕を選び、指導者とともに案の定ゴシゴシと擦り、「ここですか?」「う~ん、こっちかな」。



・・・長い。あの、すっごい緊張すんですけど…。



どうにかこうにか狙いを定め、迫る注射針…先生、微妙に震えてませんか?


とりあえず無事に血管に入り、1本目終了。


…ところが。
先生が2本目のスピッツを取ろうとした時。あたしでもわかりましたよ、針先がズレたのが!案の定2本目のスピッツには血液は上がってこず。焦る先生。




お願いします、腕の中で血管を探すのはヤメテクダサイ。




とかやってるうちに、痛い痛い!黙って耐えてたけどさすがに「…痛いです」と控えめにアピール。そこでやっと解放されたのでした。

結局反対側の腕で指導者の方があっさり2本分の血液を採取して終了。

みるみるうちに右腕は青黒く変色していきました…


先生はすごーく申し訳なさそうに何度も謝ってくれました。
いいよいいよ、この時間だけ血管に集中していろいろを忘れたよ。
良い先生になってください。


翌日、入院した時に血圧を計りにくる看護師さんみんなに「これ、どうしたんですか!採血ですか?」と驚かれるんだけど、「はい、研修医の先生だったんだけど上手くいかなくて」と答えると。


全員が黙りこみました。
フォローしてやれよ…可哀想に。


しかし今回の産科病棟の看護師さんは本当に…悲しかった。
確かに一泊だけどさ。
する事もないだろうけどさ。
絶飲食の時間もそのたびに変わるし、
何聞いても「まぁ一泊だしね」で片付けるし、
手術の説明にかずが仕事を早退してみんみんを保育園に迎えに行ってから来てくれるのでって言ってあるのに!先生はいいよって言ってくれてんのに!
「まだですか?説明の後処置があるので」って怒ってるし…
マジ最悪で苦痛な一晩だった。朝、若い2人の助産師さんに優しく声をかけてもらった時にはホッとして涙が出そうになった。


その後、術衣にT字帯1枚という格好で点滴を連れて手術室まで行き、抗菌キャップをかぶり名乗ってる時に急に尋常じゃない自分の格好とガランとした手術室の雰囲気に緊張感がやってきた。
その後・・・点滴内に2本の薬液が入りあっという間に「ボーっとする」どころか完全に眠りに落ちて次に気が付いたらストレッチャーの上でなにやら喋っておりました。変な感覚で自分で喋ってるんじゃないみたいな・・一体何を喋ったんだ、自分!おまけに後半「痛い、痛ーい」とうめき、看護師さんに「もう終わりますよ、大丈夫」となだめられた記憶も・・・。


どうか暴言吐いてませんように


あたしったら小心者…。
スポンサーサイト
【2009/05/06 15:11 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
幸せ。複雑。
流産ネタが続いております・・・。


手術の日。
それはみんみんの初めての遠足の日でした。
病院からかずに電話してて思い出した。


うっかりしてたよ。



親子遠足ではないけど。行き先も保育園の近所だけど。
生まれてはじめての遠足。みんなで遊ぶ。みんなで食べるお弁当。


手術は日を変えようか。
ゴールデンウィークあけてからに変更してもらおうか。
本気でそう思った。



そしたらかずが。


「明後日は休みだし俺が作る」


マジっすか? ( ̄△ ̄)!!



いや、かずは確かにお料理上手だったような気がする・・・
作ってもらったことは確かに多くはないけれど、実家を離れて一人暮らしも長かったし、ご飯作ったりも結構凝ったりしてたのは知ってる。
でも、お弁当とご飯作りはちと違う。




・・・・




・・・・・・・



迷ったけど、お願いする事にした。
みんみんもえりたんも、育てなかったこの子もあたしだけの子じゃない。
あたしとかずの子だ。まずは2人でできる事をするのが筋だろう。



とはいえ、次の日。
入院するギリギリの時間まで野菜を下茹でしたり、簡単に形になりそうなタコさんウインナーや冷凍のグラタン、イチゴ、プチトマトを買い込み冷蔵庫へ。
あとはかずのセンスにお任せしました。


迎えた遠足&手術日。
かずはお弁当、水筒、お絞り、レジャーシートなどを揃えてみんみんを保育園に送ってから、あたしが手術室に入った後で病院に来て待っていてくれました。術後の診察を終え、まだ麻酔の残る二日酔いのような感じで退院、その足でお迎えに行くと満面の笑顔のみんみん。


「お母さん、修理終わったの?」
(お母さん、病院でお泊りして修理してくるね、と言ってあった)


すごく楽しかったそうです。
園で撮ってくれた写真が楽しみです。



こんなダンナ様を持つあたしは幸せです。



しかし、痛み分けとはいいますが。
あたしだって充分すぎる思いをしたのに。
一人だけ周囲の株が上がるかず。
なんかいっつもそう。
なぜか株が上がるのはかずばっかり。


・・・くっそー。





そんなこんな複雑な幸せでした・・・。



お弁当♪









【2009/05/11 18:56 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
祝♪
えりたん、2歳になりました。
すごいなあ~!

がんばった!偉いぞ、えりたん!!


お祝いは次回パパがお休みの日にするからね!
みんなで写真撮ろうね♪



しかしみんみんから風邪をもらったえりたん、
鼻水と痰の絡んだ咳が辛そうです。
お熱もないし機嫌も良いんだけど・・
早く治そうね♪
【2009/05/15 12:31 】 | 未分類 | コメント(13) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。